野鳥写真 on Line

野鳥を中心に様々な身近な事柄を写真でご紹介します

ベリーズ 猛禽類最強の一角 ハーピーイーグル

f:id:photolifenet:20210413171409j:plain
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから内陸方向に、見渡す限り真平な土地を1時間弱ほど走ると、この国唯一の動物園があります。ここには海外から連れてこられたのではなく総てこの国に生息する動物が飼われています。その彼らは何らかの事情でここで保護されており、すぐには野生に戻れない者たちばかりです。
 動物園内の奥の方の檻に今日の写真のハーピーイーグル(日本名オオギワシ)の檻があり、そこにはオスメスの2羽が飼育されています。

f:id:photolifenet:20210413171427j:plain
 ここで飼われている彼らは幼少期から人に飼われて育ったことから野生で生きてゆく術を知りません。ハーピーイーグルは中南米の熱帯林に生息していますが絶滅危惧種に指定されており、現在生息数が少ないとても貴重な種類です。それでも心無い人たちの密猟の対象となっています。

f:id:photolifenet:20210413171444j:plain
 ハーピーイーグルを間近に見ると、その足の太さと爪の鋭さに驚きます。ウィキペディアには以下のような記述があります。
 「大型の猛禽類。平均的な雌は全長100cm、翼開長200cm、体重7.5kg に達する。雄は雌より小型で、体重は4.75kg 程度。爪の長さは13cm もある。体の大きさはフィリピンワシやオオワシと並び、猛禽類では最大の部類に入る。」 ( オウギワシ - Wikipedia )

f:id:photolifenet:20210413171503j:plain
 ベリーズにはハーピーイーグルと並んで大型の猛禽類は数種類生息しているのですが、その中でもこの写真のトキイロコンドルは大型で姿が美しく、とても魅力的な鳥です。野生のハーピーイーグルを野山で見かける機会はほとんどありませんが、このコンドルは見かけることがあります。私は2度見かけましが、彼が大きく羽を広げて空を舞う姿には感動します。この鳥の檻は動物園入り口にありますから見逃すことはありません。

f:id:photolifenet:20210413171345j:plain
 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは Sony SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。1枚目の写真の撮影データは焦点距140mm、35ミリ版換算210mm、ISO800、F 5.6、1/40sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。