野鳥写真 on Line

野鳥を中心に様々な身近な事柄を写真でご紹介します

日本 治水神社のコガモ

f:id:photolifenet:20210207171534j:plain
 先日2月5日に揖斐川長良川下流にある木曽三川公園を訪れたことは既にこのブログ上でご紹介しましたが、その際に公園入り口の隣にある治水神社に行ってきました。その神社訪問についての詳しい内容は別の機会に譲り、今日はその境内から見た野鳥をご紹介します。神社の敷地は堤防の川側、つまり河川敷にあり水位が上がると水没するのではといった立地ですが、でも神社はこうして建っていますから大丈夫なのでしょう。その境内から岸に近い中州との間に今日の写真のコガモがいました。

f:id:photolifenet:20210207171557j:plain
 コガモは冬鳥として日本を訪れ、日本で見られるカモの中で最小の淡水カモだそうです。このコガモ本巣市内の自宅近くの根尾川でも他のカモたちと一緒に泳いでいる姿を見ることができます。ところで2枚目の写真のこのオスように翼の下に緑色の羽毛が見える個体もありました。通常は隠れているのかもしれません。

f:id:photolifenet:20210207171612j:plain
 人のたくさん集まる池や城のお堀で見られるカモは人に慣れていて警戒心が薄いのですが、ここのように大きな川にいるカモ類はとても警戒心が強く人が岸に近づくと遠くに離れてしまします。彼らをきれいに撮るには重いレンズと三脚が必要かもしれません。

f:id:photolifenet:20210207171638j:plain
 これが治水神社の入り口付近です。左に水面が見えていますが、ここに今日の写真のコガモが群れていました。

f:id:photolifenet:20210207171707j:plain
 使用機材のカメラはSONY Cyber-shot RX10 Ⅳ。1枚目の写真の撮影データは焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.5、1/1,000sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。